• トップ
  • 早稲田大学剣道部について
早稲田大学剣道部について_写真

早稲田大学剣道部について

明治30年(1897年)に創立され115年以上の歴史と伝統のある早稲田大学剣道部は、自由な風土を持ち、文武両道を重んじ、正々堂々とした剣道の練磨と学の修得を通じて社会で活躍する人材を輩出し続けている。

我々、早稲田大学剣道部は「学生日本一」、「早慶戦優勝」を目標に掲げ日々の稽古に励んでいる。
常に学生剣道界のトップレベルに位置し日本一を目指すことは言うまでもない。一方で早稲田大学と慶応義塾大学には全競技種目において早慶戦が存在し各部幾多の歴史を刻んでいる。両校剣道部においては「早慶対抗剣道試合」として男子20名、女子7名の対抗戦で毎年その年次の集大成として激突する。両校が永遠のライバルとして切磋琢磨し母校の歴史と精神を背負い威信をかけて正々堂々と戦う至高の舞台が準備されている。これは現役部員の戦いであるばかりでなくOB,OGの熱き思いを受けた両校剣道部の総力戦である。
また、そうした公式試合や早慶戦において活躍する選手には、スポーツ推薦制度を利用して入学してきた部員だけでなく、一般受験等で入学した部員も多い。

このように多様なバックボーンを持つ部員が同様の目標の下に切磋琢磨し、刺激しあう環境が早稲田大学剣道部にはある。

OB・OGは1800名以上を数え、全国各地、多分野で活躍しているが、そのようなOB・OGと合同稽古を通じて交流する機会が週に2度用意されており、社会人と交流する貴重な機会も持つことができる。